シンガポールのカジノの特徴とは

意外と最近に解禁されたシンガポールのカジノ
日本ではカジノは解禁されていませんが、シンガポールもつい最近までは解禁されていませんでした。2010年の2月に解禁になり、それまではカジノもありませんでした。しかしつい最近解禁になったのに、すでに世界第2位の収益をあげています。運営的にはさほど経っていないにもかかわらず、ラスベガスをすでに抜いていると言われています。さらに数年後には世界1位になるかもしれないと噂されるぐらいです。
シンガポールではカジノにも入場制限があり、21歳未満は入場できないようになっています。また家族連れでも入場できないようになっており、一緒に入れない家族のためにアミューズメント設備が併設されています。そのため家族で遊びに行っても問題が無いように運営されています。またドレスコートも厳しい国になっており、それはどこのカジノよりも厳格であると言われています。正装が基本ですが、身なりが整っていれば問題ありません。

実際にカジノに参加するには
ネットカジノではなくリアルなカジノに参加するための方法を少しご紹介しましょう。最近では近隣諸国のカジノにツアーで参加できる企画が沢山あります。その中でもシンガポールにカジノツアーできる企画があります。まずは国内にいる間に両替しておく方法、チャンギ空港で両替しておく方法、シンガポール両替所のレートなど色々なところに両替所があります。それぞれレートが違うので事前に調べて一番お得なところを選ぶと良いでしょう。またここは治安が良いので安心してプレイできるところも魅力です。実際解禁になってから間がないのに、すでに世界で第2位の売り上げになっていることもプレイしやすい環境という事情があります。そしてなによりも料金がリーズナブルということにも理由があります。ツアーで行くと料金がリーズナブルな設定になっていることが多く、観光や宿泊とツアーがセットになっています。これもますます人気になっている理由です。

シンガポールのVIP向けバカラ
2015年にマカオや韓国をはじめ、シンガポールやラスベガスでもVIPプレイヤー向けのライブバカラが設置されるようになりました。これはマックスで数千万円以上と言われるバカラがあるランドカジノVIPルームでプレイすることができるもので、超VIPと言われるハイローラーの方々が参加しています。彼らにとっては最高金額が約120万程度なので多少物足りないとも言われていますが、一般のプレイヤーから見るとうれしいベット額だとも言われています。一般の方はライブ中継によって参加することが可能で、ミニマムベットは約6万円からです。このような形で配信されるのはオンラインだけの特徴で、現地に行くことなく自宅で気軽に楽しめるということで徐々にファンが増えています。期間限定から決まった時期に開催されるものまで、色々な種類のゲームがあります。オンラインでは本場で設置されている機種と全く同じものをプレイすることが可能です。実際に現地に行く前に練習する方もいらっしゃいます。