ペルソナマーケティングをうまく活用して売上アップ

最初の入り口となるライディングページ

インターネットの広告や検索エンジンによって訪れる顧客となりえる閲覧者にとって最初の入り口となるライディングページはそれらの人々にとって、必要な興味の対象である情報を持ったランディングページとペルソナマーケティングでなければなりません。

そのことから何も自社webページのトップページに導く必要はなく、クリックした広告の表示してあるページや検索キーワードによって想定される客層を意識したページに的確に導くことが必要です。

なおかつ、そのページは想定した客層つまりペルソナを満足させるものでなければなりません。

ランディングページとペルソナマーケティングは、自社製品やサービスの特性から顧客となりえる客層を想定したランディングページとペルソナマーケティングを用意することが売上アップに繋がります。

一般論になりがちな情報も個人を想定することによって

限定された個性を想定してひとりの人間に訴えかけるような広告を用意することで的確に顧客に訴えかけることが出来ます。

また、制作する側にとっても不特定多数に、製品を伝えるよりもさらに深く顧客の個性に合った、広告を作成することが出来るため ライディングページの構成が容易になります。

一般論になりがちな情報も個人を想定することによってよりコンバージョン率を高めることが出来ます。

ライディングページのコンバージョン率は数パーセントあれば成果が上がったとみて良く、しかもその問い合わせた顧客がリピーターとなる確率も高くなり売上アップに繋がります。

こういったターゲットを絞り込むLP制作は、不特定多数に訴えかけるランディングページ よりもはるかに問い合わせの件数は、高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です