ペルソナマーケティングとコンバージョン率と最適化

pixta_2055454_L

サイトビジネスで利益を上げるためには第一に

インターネット上のサイトビジネスで利益を上げるためには第一にユーザーのアクセス数を稼ぎ出すことが重要です。

ユーザーのアクセスの少ないサイトではインターネットビジネスにおける利益も少なくなってしまいます。ですからサイトのアクセス数を増やし多くの顧客を獲得するためのサーチエンジン最適化などの工夫が求められます。

そうしてサイトビジネスでユーザーのアクセス数を重要視して実際に多くのユーザーのアクセスを稼いだとしても利益が十分にあげられないといった場合も考えられます。それはコンバージョン率が低いことが原因に成り得ます。

ペルソナマーケティングはそれぞれ重要な意味を持ちます

ユーザーがサイト内にアクセスして来ても商品やサービスの購入や契約を行わなければビジネスにおける利益には結び付かないからです。

だからこそインターネットのサイトビジネスではアクセス数を稼ぐことの他にもランディングページとペルソナマーケティングを行いコンテンツの成約率を高める工夫も必要なのです。

ランディングページとペルソナマーケティングはそれぞれ重要な意味を持ちます。

ランディングページはインターネットユーザーがサイト内の最初に訪れるページなのでその後の行動が決まる重要なページなのです。

そしてペルソナマーケティングは架空のユーザーを想定してその上でサイトを作る作業です。

ランディングページとペルソナマーケティングはどちらもコンバージョン率に直結する重要な要素です。

ですので適切なランディングページとペルソナマーケティングを実行すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です