ビットコインカジノで儲けた分の税金の扱いとは

●オンラインカジノの税金とは
日本国内に居住している方が海外のオンライカジノをプレイして賭け金を上回る配当が得られた場合には、税金を申告しなければなりません。一般的にオンラインカジノで得られた収入は、特別控除額(年間50万円)を上回る分については雑所得として税務署に申告をする必要があります。

●ビットコインカジノの利益(収入)の計算方法
ビットコインカジノはビットコインの形で配当金を受け取って出金を行いますが、この時点では利益が確定したとはみなされません。得られたビットコインを日本円に換金した段階で利益が確定するので、課税対象となります。具体的にはビットコインを換金して得られた金額から、カジノサイトに入金するためにビットコインの購入費用を差し引いた分が利益として課税対象とみなされます。例えばビットコインを入金してカジノでゲームをプレイして入金した以上のビットコインが得られた場合でも、日本円に換金した際にビットコイン価格が下落して購入費用を下回っていたらトータルの利益はマイナスとなります。逆にカジノで損をして入金額以下のビットコインを出金した際に、コイン価格が高騰して購入費用を上回る金額で換金をした場合は税金を申告しなければなりません。

気になる!オンラインカジノのバカラとは必見!ビットカジノでビットコインの枚数を増やす方法【バカラ編】

●ビットコインカジノの節税方法とは
ビットコインカジノで得られた利益は総合課税として扱われるので、年収額に応じて所得税率が上がります。そのため、収入が多い年にビットコインの換金をして利益を得ると税率が高くなってしまいます。逆に仮想通貨を日本円に換金しなければ利益とはみなされないため、収入が少ない年に日本円に両替することで節税ができる場合があります。カジノとは別に仮想通貨投資に参加している場合には、損失が発生した年度内にカジノで得られた仮想通貨の換金をすることで税金の申告額を減らすことが可能です。