仮想通貨がカジノコインとなる日はいつ?

仮想通貨のうち、カジノで使われる予定のものは存在します。一番有名なのはエイダコイン(ADA)となるでしょう。エイダコインは2017年に誕生したばかりの仮想通貨なので、まだ実用性はほとんどありません。ダイダロスウォレットなどもまだ完成していないようです。ウォレットが完成したらウォレットに仮想通貨を入れておくだけでも報酬がもらえるようになります。とても壮大な目標を持っており、完成したらビットコインを追い抜くとも言われています。

しかし、まだ完成はしていないので、カジノで使われるのは当分先になるでしょう。海外のカジノで遊ぶためには日本円を外国通貨に交換しなければなりません。交換手数料は銀行や空港などによって異なりますが、3%前後が相場となるようです。100万円を交換したら97万円くらいになってしまうということなので、かなりのコストです。ホテルなどでも交換ができますが、交換手数料がかなり高くなってしまうこともあるので注意をしましょう。銀行や空港で交換をしておくのが無難です。

クレジットカードを持っていれば2%前後の手数料ですみます。しかしそれでも、コストが安いとは言えません。仮想通貨の場合には手数料はかなり安いです。ビットコインは現在手数料が高騰していますが、それでも500円~1000円くらいです。ライトコインなら100円以下の手数料で送金が可能です。カジノが仮想通貨決済に対応したら利用者はもっと増えるのではないでしょうか。まだ多くのカジノではクレジット決済にしか対応していませんが、ビットコイン決済などに対応する日はそう遠くないと予想します。ADAはまだまだ実験段階なので、実現するのはかなり先でしょう。実用性という点ではDASHのほうが先を行っています。

オンラインカジノを楽しみたい方はこちらもチェック!オンラインカジノ・ビットカジノでビットコインの枚数を増やす方法【ルーレット編】