カジノとスクラッチや宝くじとの期待値比較

近年になり国内でもカジノが公認される動きが活発化しています。一方でこれまでも正当な承認の元で運営しているギャンブルが親しまれてきました。その代表格ともいえるのが、いわゆるスクラッチや宝くじです。日本には表立ってカジノの看板を出している店舗は今の所ありません。一方でスクラッチや宝くじは大々的に小売店を展開しています。だからといって健全な見返りが期待するのは大きな間違いです。

掛け金が戻ってくる見込みを数字で表したのを期待値といいます。ギャンブルにおける損得を図るにおいて、これほど確かな目安はないでしょう。たとえばカジノでルーレットにかけたとき、ハイアンドローや色当てを利用すれば期待値は5割に近くなります。ところがスクラッチや宝くじで50パーセントを超えるのはほぼ不可能です。当選確率が凄まじく低い上にシステムによっては当選者数や金額まで大きく変動してしまいます。一等当選と隕石が直撃する可能性はほぼ等しいと言われる通り、億万長者への道は極めて厳しいものです。枚数を増やせば確率は上がると考えている人も多いことでしょう。実際にはそう単純ではなく、当選枚数自体は変わらないため向上率は微々たるものです。つまり気軽に購入できる一方で割に合わないというのが実情といえます。

この点カジノは客商売ということもあり、ユーザー側にも得がなければサービス自体が存在できません。そのため不利益を押し付けるようなサービスは展開せず大きな利益を上げることも可能です。何よりスクラッチや宝くじのように完全なる運任せではなく、自分でゲームに参加しているという実感が違います。こうした背景により今後は日本でも、カジノが大人の嗜みとして浸透していくことでしょう。

初心者必見!オンラインカジノの遊び方はこちら!【2018年最新版】ビットカジノの登録から入出金、評判、口コミ、遊び方とは?