カジノにおけるドラゴンタイガーとは?

「ドラゴンタイガー」とはカジノゲームの一種です。なかなか聞き馴染みの無い名前ではありますが、アジア圏で人気の新しいゲームです。シンプルな内容であって奥深いので、その虜になるファンは日本人にも増えつつあります。バカラやビンゴのように初心者の方でも簡単に遊べるので、難しいルールやリスク無く参加する事が出来ます。

オンラインカジノで遊びたい方はこちらをチェック!ビットカジノの登録から入出金、評判、口コミ、遊び方まで徹底解説2018!

ドラゴンタイガーの基本ルールですが、ジョーカーを除いたトランプ52枚を使って進めます。ドラゴンタイガーはバカラと同じくカードゲームです。その中で「ドラゴン」「タイガー」「引き分け」に分けます。配られるカードの数字が大きいところに賭けた方が勝ちです。またカードの強さは数字が大きければ大きいほどカードは強くなります。

もし引き分けの場合は、チップが全て返ってきます。バカラより枚数が少なく、単純なルールになっているので初めての方でも楽しめるのです。

配当金は基本的には、数値が大きかった方が勝ちになるので、賭けた金額を2倍に出来ます。もし引き分けを当てた場合は8倍にする事が可能なので、狭き門ではありますが狙いたいところではありますよね。

上記は一般的な遊び方ですが、個人経営であったり小型のカジノでは異なる場合があります。ズレがあっては困ってしまうので、事前の確認が大切でしょう。

また特殊な賭け方として、ビッグとスモールというものがあります。それぞれ7以上になるビッグ、7以下になるスモールの2つのどちらかに賭けるという内容です。さらに「ドラゴン」と「タイガー」の片方を選びベットするタイプで、7が出てしまった場合はその時点で負けになってしまいます。

カジノをまだ慣れていなくともプレイ出来るので、色々な賭け方や基本的なルールを覚えた上で楽しむと良いでしょう。