仮想通貨でプレイするブラックジャックとは

仮想通貨で行うカジノには、ブラックジャックというテーブルゲームがあります。ブラックジャックはルールをしっかりと理解してプレイすれば、控除率を低く抑えることが出来るため、万人にお勧めのテーブルゲームなのです。カジノにおける控除率とは、胴元が儲かるために掛け金から配当を支払う際、何割を手元に残しているかという指標のことです。よって、ブラックジャックはカジノの中でも稼ぎやすいゲームの1つなのです。こちらの記事も人気です!【徹底調査】ヨーロピアンハンディキャップとは?賭け方やルール カジノで稼ぎたい方は要チェック!

ブラックジャックの主なルールは、引いたカードの数が21に近い者の勝ちとなり、合計が相手より低いものや21を超えてしまった者が負けとなります。そしてこのゲームの特色として、プレイヤーに行動選択の余地が与えられている所が挙げられます。この行動選択には「ヒット」と「スタンド」といった2種類が用意されており、ヒットはカードをもう1枚引く、スタンドはカードは引かずにその時点の点数で勝負するといった内容です。プレイヤーは手持ちの点数が21を超えなければ、何度でもヒットを行うことが出来ます。しかし、21を超えてしまうことを「バスト」と呼ばれ、直ちにプレイヤーの負けが確定するため、ヒットを行う際には注意が必要です。

最近、海外の銀行口座や氏名の登録が不要で利用できる仮想通貨カジノが流行しています。ブラックジャックの他にもバカラやダイス、ポーカー、スロットといった多種多様な種類が用意されており飽きさせることがありません。カジノと聞いて違法ではないかと心配する方もいると思いますが、海外で運営されているカジノを利用しても違法ではありません。貨幣の賭博は日本では違法ですが、仮想通貨は貨幣とされないため海外運営のビットコインカジノを利用して逮捕されることはないため安心してください。皆さんもビットコインカジノを利用する際は、ブラックジャックをプレイすることをお勧めします。