ビットコインでポーカーをする時のポイント

2016年ぐらいから、仮想通貨の知名度が上がってきておりその中でも最大規模を占めているのがビットコインになります。ビットコインは仮想通貨ですが、実際に目に見えるお金ではありませんのでお店などでビットコインを使って商品を購入したりサービスを提供してもらうことはできません。ただし、日本でも仮想通貨が利用できるお店が少しずつ増えてきているため、仮想通貨で売買をすることができるような仕組みが徐々に整ってきているといえるでしょう。

ただ、現実的に仮想通貨が通貨として使われにくいのは、変動が激しすぎるからといえます。たった1日で大きく暴落したり大きく上昇したりするため、使うのは難しいのが現状になります。ただ、もう少し相場の方が安定してくれば本格的に国内で流通する可能性は少ないものの今以上に利用できるお店が増えてくるかもしれません。

海外に目を向けると、ビットコインを利用することができるお店がたくさんあります。どのようなところで利用できるかといえば、例えばカジノになります。日本ではあまりなじみのないカジノですが、外国に行けばその国の産業の一つとして大きく寄与しているところも少なくないわけです。ちなみにネットカジノは合法で楽しむことができるゲームです。

カジノのなかでも有名なのはポーカーですが、ポーカーをするときにビットコインを利用することができるのが魅力でしょう。ポーカーのような有名なかけ事をすることができるため、利用価値は高いといえますがその半面実際にお金を手にしているわけではありませんので、お金が減少した時の感覚が鈍くなります。例えば札束を手に握っているとすれば手の感覚で今どれぐらいの損をしているか、あるいはどれぐらいの得をしているかがわかりやすいですが、仮想通貨の場合はそうも行かず、減少していく感覚が鈍くなる点が問題点といえるでしょう。