手作りのお菓子をネット通販で販売する方法

ハンドメイド品がネット上でやり取りされるようになってからしばらく経ち、最近になると手作りのお菓子までもが取り引きの対象となっています。もしも自慢の手作りお菓子をネット通販で販売したいと考えているのなら、顧客を安心させられる体制を整えておくべきです。
食品の衛生管理について指導する権限を有している公的機関からのお墨付きをもらってからの方が、ネット通販で手作りお菓子を販売し始めてから順調に売上を伸ばすことができます。通販サイトに掲載されている商品の写真が美味しそうに見えても、適切な衛生管理がなされているのかを顧客は気にしがちです。美味しくいただいたあとには体内の栄養になる存在なので、安全に食することができるのか否かに注目が集まるのは至極当然であるというわけです。
所定の期間内に食べなければ腐ってしまう商品を扱っているのなら、返品や交換のルールを細かくまとめておくにこしたことはありません。優先的に考えるべきは、消費期限を過ぎた商品はいかなる理由を提示されても返品には応じられない旨の文言をルールとしてサイトに提示しておくことです。全ての顧客が消費期限内に商品を食してくれるわけではなく、中には期限切れのものと新品を交換するように強く申し出られることもあります。このような事例が何件も続くと新規顧客への対応に十分な時間を割くことがままならないので、あらかじめ毅然とした態度でルールを表明することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です