カジノのスロットのやり方について

カジノのスロットのやり方は、まず以下のような流れで行います。
スロットにお金を入れます。
お金を入れたら、1ラインあたりの金額を決めます。
基本は下限額でよいですが、大当たりを狙う場合は、多めに設定するというやり方もあります。
1ラインあたりの金額が決まったら、ライン数を決めます。
基本は、MAXラインです。
ここまで決まれば、後は「PLAY」ボタンを押せば、ゲームが始まります。
カジノによっては、回転が自動で止まるようになっている物もあります。
1プレイ当たりの賭け金は「レートの額×ライン数」となります。
ゲームが始まると、クレジットの額から賭けた分の額が減り、当たったら配当となり、その額がクレジットに加えられます。
ゲームをやめたくなったら、「清算」ボタンを押すことで、やめることができます。

次に、大当たりのルールについて。
大当たりには、大きく分けて二つの種類があります。
一つ目は、「ジャックポット」。
これは、このゲームの最大の魅力ともいえます。
確率は低いものの、当たればかなりの額の賞金が得られます。
ジャックポット機能が付いているマシンでは、プレイヤーが賭けたお金の一部がプールされた状態になっています。
そして、プレイ中に図柄が揃えば、ボーナスゲームに入ります。
そこでジャックポットが出れば、プールされたお金をすべて貰えるという仕組みになっています。
二つ目は、「フリーゲーム」。
これは、「スキャッター」という図柄が揃うことが条件です。
フリーゲームに入ると、一定回数をタダで回すことができます。
そして、当たりの配当が通常の2~10倍になっていたり、ワイルド図柄が出やすいなど、通常時より稼ぎやすくなっています。

そして、プレーする際の注意点について。
カジノによっても異なりますが、台ごとにレートの額には差があります。
例えば、下限額は0.1ドルの物もあれば、0.5ドルや1ドルの物もあるということです。
そして、重要なのは、この額は「1ラインあたりの金額」だということです。
下限額が0.1ドルとなっていても、当たりのライン数が1だったりすると、当たりが出る確率はかなり低くなってしまいます。
また、上でも述べましたが、ライン数はMAXにしておくのがセオリーです。
例えば、下限額が0.01ドルでライン数が25だとしたら、最低でも1ゲームあたり0.25ドルは賭けるべきだということです。
もし、0.01ドルで1ラインしか賭けていなかった場合、そのライン上で当たりが出た時しか、配当を得られないからです。