世界的から見るカジノ

カジノを世界的に見ると規模としては北アメリカ大陸とアジア圏が大幅に締めています。やや北アメリカの規模が大きいですが拮抗しておりどちらがトップに立ってもおかしくない状況です。北アメリカ大陸最大の施設はラスベガスです。それ以外でも民間企業が州政府管理のもとで運営される施設とインディアン部族のひとつであるセミノール族が部族の生き残りをかけた収入増加策としてビンゴ場を開設したことに始まる施設もあります。ラスベガス以外は比較的歴史が浅いのが特徴です。アジア太平洋地域においてはマカオが市場規模は570億米ドルと世界的にも最大です。他にはオーストラリアや韓国があり近年ではシンガポールが進出していることが挙げられます。ヨーロッパとしては米国・アジアと比べて小さい傾向です。売り上げ高としては欧州はアジアの1/5程度とされます。

オンラインカジノとは?オンラインカジノを徹底解説

カジノの歴史から見るとその発祥はフランス王朝の娯楽から来てフランス革命の後さらに広まっています。現在はアメリカやマカオのような規模ではないものの欧州の中ではトップに君臨しています。またライセンスで定評のあるイギリスではロンドンのカジノクラブは次々と中国やマレーシアのカジノ企業による買収が続いている状態になっています。現在最もギャンブル施設の普及が進んだのはアジア太平洋地域です。その成長は凄まじく10年で6倍近くまでの規模になっています。特にマカオは世界最大級の成長をしてトップに上り詰めています。現在もエンターテインメントも急速に発展中とされています。数年の間にアジア太平洋が最大のカジノ・マーケットに成長し続けており今後も規模が広がり富裕層がさらに集まるであろうとされています。

日本から見ての世界のカジノではまず韓国が挙げられます。週末を利用して気軽に行ける距離であり日本語が通じるところが多いのも魅力です。ほとんどは高級ホテルに併設されているので外に出る必要性がないのが特徴です。マカオは世界一の規模であり香港から高速艇で約1時間で行ける距離でギャンブル以外のエンターテイメント性が特徴です。他にはシンガポールやマレーシアのクアラルンプールがあります。そしてラスベガスが挙げられます。施設だけではなくグランドキャニオンなど観光のポイントがあるのが特徴です。オーストラリアのゴールドコーストやオランダのアムステルダムや世界のセレブがやってくる格式高いカジノとされるモナコやドイツの温泉地も兼ねているバーデンバーデンなどもツアーのジャンルにあります。