カジノ及び称号について

カジノの歴史について
カジノとは数ある賭博を行う施設の一つです。ルーレットやブラックジャックなどのゲームをプレイして金銭をかける場所です。日本でい言うと場のことです。起源はヨーロッパと言われています。ルイ15世の時代にフランスにおいて、元となった上流階級向けの賭場が起源とされています。イタリア絵は1638年に世界最古のカジノが作られました。アメリカでは1931年にネバダ州で合法化されたことをきっかけに、1940年にはラスベガスにおいて巨大なカジノ施設が出来ました。これによりラスベガスは急速に発展を遂げました。ラスベガスはいま現在でも世界で一番有名なカジノと言われています。近年では120カ国以上で合法化されており、国によってその制限は異なります。主に観光資源として活用されています。長い歴史を誇るこの施設はいま現在世界で2000件以上あります。

カジノによる経済効果
前述の通り近年ではこの施設がもたらす経済効果が注目されています。ラスベガスに代表されるようにその経済効果は莫大なものです。大きな施設であればあるほど観光資源としての期待は高まります。カジノ施設が出来る事で近隣のホテルはもちろん、飲食店の売り上げも大幅にアップします。これにより雇用が生まれ経済が潤います。主に外国人観光客からの収益が期待されます。ただし問題点もあります。治安の悪化が一番問題視されています。主に近隣住民には多大な影響を及ぼします。この問題の解決策は様々な案があります。一つが警備の人数を増やすことです。ですがそれでも治安の悪化は避けられるものではなく、カジノを誘致する際の課題になっています。その他にも多大な問題があります。ただし誘致に成功すれば上記にもありますが多大な経済効果が期待出来ます。いま現在でも様々な国や地域が誘致に動いています。

称号について
称号とは主に個人または団体の公的な身分や資格、地位など絵を表す呼び名です。日本ではこの制度に馴染みがありませんが、一部の人間には授与されています。ヨーロッパなどでは広くこの制度が使われています。特に称号を名乗る文化があるのが、貴族や軍人などです。称号には大きく二つの種類に分類されます。そのうちの一つである栄誉称号は、主に王族や貴族に授与されます。もう一つは資格称号があります。これは弁護士などの特別な資格を有する職業に対してに授与されます。一般的に知名度が高いのが博士号です。これは学位のことで大学において一定の単位と修了条件を満たした場合に授与されます。他にも功績に対しても授与の対象になります。主に研究並びに大学運営の功労者に対して、大学より名誉教授が授与されます。