リサーチの重要性

ウェブサイトを訪問した際に最初にアクセスする画面である

ユーザーがウェブサイトを訪問した際に最初にアクセスする画面である「ランディングページ」を効果的に構築するため、「ランディングページとペルソナマーケティング」とよばれる手法が用いられます。

ここでいう「ペルソナ」は、サイトで取り扱うことになる商品やサービスを利用する、理想的な人物モデルのことをいいます。

どのような商用サイトを構築する場合であっても、ランディングページの主たるターゲットを設定するのは通常のことですが、ランディングページとペルソナマーケティングにおいては、よりターゲットを具体的に、細部にわたって設定します。

年齢や性別、住んでいる地域、職業、年収、趣味や嗜好、家族構成

例えば、年齢や性別、住んでいる地域、職業、年収、趣味や嗜好、家族構成などといった項目に及びます。

ランディングページとペルソナマーケティングを用いれば、年齢層や性別程度にとどまる従来のターゲット設定よりも、よりリアリティを伴ってイメージすることが可能であるため、ランディングページを構築する際、メインビジュアルとなる写真の選定やテキスト、ボタンの色使いなどを、ペルソナに合わせてデザインすることが容易になります。

このようなランディングページとペルソナマーケティングにあたっては、当然ながらどのようなペルソナを設定するのかが鍵となりますが、それには事前の十分なリサーチなどの手続きが求められます。

具体的には、対象となる商品やサービスについて、通常はモニターへのアンケートや面接によるヒアリングによるリサーチ結果に、会社内でのブレインストーミングなどによって得られたアイデアを加味して人物像を作り込むという作業になります。

pixta_6820847_S

特に過去の成功事例でいうと、年収が極めて重要です。例えば、格安LP制作をネットで販売するとした場合、必ずターゲットユーザーの年収を低めに設定します。これをしないとセールストークやサイトの作り方が変わってしまい、コンバージョン率に大きく差が出てしまうことになるでしょう。

WEB戦略において、軸がぶれていたらお金をドブに捨てるようなものです。

よーく考えてペルソナを決めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です